令和元年の赤い羽根共同募金

令和元年も10月に入り、赤い羽根の共同募金が学校、職場を始め各町内会や自治会単位でも募金活動が始まっています。 先月、自治会・町内会からの広報と一緒に赤い羽根共同募金のチラシが配布されていますが、赤い羽根共同募金のホームページによると

 

共同募金は、戦後間もない昭和22(1947)年に、市民が主体の民間運動として始まりました。当初、戦後復興の一助として、被災した福祉施設を中心に支援が行われ、その後、法律(現在の「社会福祉法」)に基づき、地域福祉の推進のために活用されてきました。社会の変化のなか、共同募金は、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む民間団体を応援する、「じぶんの町を良くするしくみ。」として、取り組まれています。意外と知らない詳細はhttps://www.akaihane.or.jp/ 参照お願い致します。

 

10月2日(水)には樽地区社協の各自治会会長や民生委員児童委員、主任児童委員が東急大倉山駅で募金活動を行いました。自治会町内会でも募金活動が行われる際はご協力お願いいたします。