思いあいのまち樽町のホームページへようこそ!

横浜市港北区樽町地域のホームページです。

新しく樽町に引っ越してこられた方も、地元樽町の方も、だれでも参加できるイベントを紹介しています。

「樽町の名前の由来について」樽町中生徒による特集記事を掲載しました。

樽町周辺子連れお出かけマップ が新しくなりました。

ダウンロード
子連れお出かけマップ
map.pdf
PDFファイル 257.6 KB
ダウンロード
樽町の子育て情報
Info.pdf
PDFファイル 450.6 KB


3/25 樽町歩こう会は桜が満開でした

青空の下、325日 日曜日「樽町歩こう会」が開催されました。

  

コースは、菖蒲公園 → 綱島駅→ 綱島公園(綱島古墳、桜並木、ログハウス)→ 綱島市民の森 → 飯田家(門前)→ ももの里公園 → 来迎寺 → 綱島第2ポンプ場 → 綱島小学校(脇道)→ 久光院(釣鐘:除夜と毎朝7時に鐘が突かれます)→ 鶴見川(土手)→ 大綱橋 → 菖蒲公園と約2時間のウォーキングコースです。

 

先ず菖蒲公園でラジオ体操でウォーミングアップして体をほぐし、いざ!出発!!

 

途中の綱島公園の桜が満開でとてもきれいでした。そこで休憩をはさみながら参加者全員で満開の桜をバックに記念撮影。

 

ウォーキングコースのあちこちで太陽の日差しを浴びた草木や花が色鮮やかに咲き誇り、初夏のような陽気の中、さわやかな汗を流しました。コースの後半では気温も上がり、日陰を歩いている方が心地良く感じるほどでした。

 

ゴールの菖蒲公園では甘酒とココアが参加者を温かく出迎えてくれました。ほどよく疲れた体がしんから癒されました。

 

気忙しく過ごす毎日、季節を感じ、歴史を感じ、変わりゆく街並みを感じ、心も体もリフレッシュされて気持ち良くウォーキングを終えることが出来ました。                                  

樽町歩こう会に参加して BY 横溝 まさみ

3/4(日)「樽町移動動物園」は大盛況!

樽町に移動動物園がやってきました。当日は晴天に恵まれ、例年以上に多くの方が来場されていました。動物は、ポニー・ひつじ・やぎ・こぶた・うさぎ・かめ・ひよこが来ました。子ども達はポニーに乗ったり、動物にエサやりをして動物との触れ合いを楽しんでいました。

 

うさぎやひよこは膝の上に乗せることができ、普段は経験できない動物との交流にしょうぶ公園が親子の笑顔と歓声に包まれていました。また、当日は動物園以外に、スマートボール・輪投げなどのゲームやフリーマーケットの開催、保健活動推進員や環境事業推進員によるコーナーが設置されました。

3/7(水)ちびたる交通安全教室が開催されました。

3月7日(水)柔らかな春の日が差し込む樽町地域ケアプラザに神奈川県警察本部交通安全教育隊の皆様をお招きして恒例のちびたる交通安全教室が開催されました。多数のお子さま連れのお母さん達にマスコットキャラクターの”うさぎのピヨン太君”も交えて「どうろでのおやくそく」「じてんしゃうんてんのマナー」の勉強をしました。その様子をご覧下さい。人は年を重ねると古い記憶を残して新しい記憶から捨てていく・・・とか。ここで学んだことはちびたるで遊んだ日々と共に何時の日までもお母さんが忘れてもお子さんの記憶に残る事とを願っています。

                                     ちびたるスタッフ一同

 


            交 通 安 全 教 室

 

 

 

注意してね!! 

 

 

 

 自転車運転者講習

 

自転車運転中に左図のような危険なルール違反を繰り返すと自転車運転者講習を受ける事になります。



            3月 7日 ち び た る

安全教室教室の後に子供さん、お母さん、スタッフで何時もの 歌、遊戯、指人形、で遊んだ様子です。

 

     ”ぽんぽんおはよう” ♪ ♬

指人形 ♬ 一匹の野ネズミが穴倉に落っこちて

     チュウチュ、チュウチュ、チュッ、チュッ、‼

   二匹の野ネズミが穴倉に落っこちて

     チュウチュ、チュウチュ、チュッ、・・・♬     

  • ♬さよならあんころ餅 ♪ ♪
  • また来てね ! 楽しかった? そだね~。

      これは何でしょう!

  指人形の舞台裏

   今日は野ネズミが穴倉に八匹落ちました。


 

 

 交通安全教室に参加して

               ちびたるスタッフ 横溝和子

 

 

お母さん達は真剣に聞いていましたがお子様の反応は様々でした。一生懸命聞いてくれるお子様の有る無にかかわらず無駄と思わず伝えていく事が大切だと思いました。

 

「私達にには偉大な事わできません、

   偉大な愛で小さな事をするだけです」

                マザーテレサ



2/25(日)「パパと一緒に学びましょう」のご報告

2月25日(日)に、「パパと一緒に学びましょう」と題し、毎年恒例になっている『乳児・小児の救急法』について、港北消防署綱島出張所の所長をお招きして、講習を受けました。

 心臓マッサージの方法について、小児の場合は片手で、乳児の場合は指2本で押すことを参加のパパ・ママが実践しました。

恒例のネズミ「野ねずみ」は小さなお子さんに大人気で、野ねずみの歌と動きに合わせて体を揺らして楽しんでいました。 

 

ご協力いただき、どうもありがとうございました。

 

樽町地域ケアプラザ

 


2/17(土)6年生を送る会

  平成30217日(土)10時から樽町子ども会主催の「6年生を送る会」が開催されました。子ども会には70名の6年生が所属しています。いろいろな行事が重なり、参加者は12名でした。例年行われているボーリング大会から「ボッチャ大会」と「ビンゴ大会」に変更され、会場も樽町ケアプラザの多目的ホールでの開催です。

  子ども会では盆踊り大会や餅つき大会など白梅幼稚園の園庭等で年間行事を展開しています。大勢の保護者の皆様がグループを編成し、行事ごとに連携を図って子どもたちのために様々な工夫を凝らして取り組まれ、その伝統は引き継がれて発展してきました。

ボッチャ大会・ビンゴ大会の様子

 ★ボールに触ったり、ルールを確認したり、またグループごとの作戦を立てたりして意欲的な活動を展開しました。協力とコミュニケーション能力を発揮して得点を獲得していきます。審判はメジャーを片手に距離を綿密に図って距離を競う興味関心を高めていました。子どもたちは少しでも有利な展開にしようと笑顔と歓声を上げて取り組んでいました

 

★ビンゴ大会では、それぞれ数字を挙げながら嬉々として取り組んでいました。

 ビンゴ‼‼大きな声にプレゼントを手にして笑顔満面です。

 子どもたちの感想も「楽しい‼」がほとんどでした。記念になる取組でした。

 

それぞれの小学校を巣立ち、中学生になる日も近づいてきました。少人数ではありましたが、周りの方々から祝福される温かな空気が流れたひとときを大事にしてほしいと思いました。

  役員の皆様、お疲れさまでした。 本当にありがとうございました。

 

2/17(土) 栄えある受賞「地域スポーツ功労賞」

 平昌で、羽生結弦と宇野昌磨がフィギュアスケートで金・銀メダルを取っていた2月17日午後同時刻に、港北公会堂では、”港北区 スポーツシンポジウム”が開かれていました。

 主催は、港北区体育協会 港北区スポーツ推進委員連絡協議会 です。

今年は従来の表彰対象の範囲を広げ「港北区地域スポーツ功労者表彰」が初めて行われました。

第一回の表彰者に樽町連合町内会として、和泉誠さんが選ばれました。

 22年前に体育指導員の樽町地区会長を務め”樽町さわやかスポーツ”の会を立ち上げました。主な活動として、ソフトバレーボール、インディアカを競技として行っています。本拠地は、樽町中学校の体育館です。発足当時は、体育指導委員、青少年指導委員、興味のある少数の人達でした。 1チーム4人制 試合をするには、ぎりぎりの人数の時もありました。体育館には、ネットやボールが無いので和泉さんが毎回 軽トラックで運んで下さいました。毎週金曜日夕方6時45分頃、体育館の入り口に来てくれました。仕事があっても、こちらを優先して頂いたのではないかと皆感謝しておりました。(今では、倉庫を設置し、準備は当番制で行っています)

当初は2コートでしたが、体育館の改装後に3コート出来るようになりました。現在では、和泉会長を中心に会員37名 ソフトバレーボールも含め大会後の親睦会(会長宅の仕事場を解放して頂き会場となる)やボーリング大会等、色々なイベントを企画し楽しんでいます。

 和泉さんはソフトバレーボールだけでなく、毎年新年早々に行われる港北駅伝に2トントラックでテント、テーブル、椅子、寸胴鍋、豚汁材料等を運搬してくれてます。地域に於いて、スポーツの普及・復興、貢献と今回の受賞は表彰されるべき人が表彰されて会員一同大喜びです。

 その晩、祝賀会でこの喜びを分かち合いました。

                                                             樽町さわやかスポーツ 会員 横溝 洋一

 

2/3(土)「基礎から学ぶ剪定講座」のご報告

樽町地域ケアプラザ主催の「基礎から学ぶ剪定講座」を開催致しました。

講師は、ケアプラザでお世話になっている陽賜里工房主宰 原田先生です。 

前日に小雪が舞いお天気が心配された中でしたが、当日は寒さも緩和されて、講義や実習など、皆さんで学びました。

日ごろ樹木の剪定でわからないことなど、沢山の質問も出て、活気づいた講座でした。

受講された皆さま、寒い中ありがとうございました。

 

樽町地域ケアプラザ

 


1/7(日)第33回 港北駅伝

平成30年1月7日(日)日産フィールド小机に於いて、年明け恒例の第33回港北駅伝が開催されました。

樽町も例年のごとく、2チームが参加し無事に襷を繋ぎ完走しました。23チーム中、樽町マリノス20位 スターズ21位という結果でした。

選手、保護者、青体指、連合町内会の皆様、お疲れ様でした。

本番に向けての練習を、11月、12月毎週日曜日に行いましたが、多くの小学生が参加してくれました。最初は泣き出す子もいましたが、練習を重ねる度に、成長してくれました。

また、毎年多くの方々のご支援を頂いてます。この場をお借りいたしまして厚く御礼申し上げます。

 今回は、青体指5名が入れ替わりの為、総監督及び会計を任され、行き届かない所も多々あったと思いますが、ご了承ください。

小学生の時に駅伝に参加してくれて、中学に進学しても陸上を続けていてくれる子供達に会うと嬉しく思います。引き続き総監督を続けて子供達の成長を見届けていけるように今後も頑張りたいと思いました。

 

                     樽町スポーツ推進委員 横溝善秀

 

1月1~3日 初詣

杉山神社の年末の掃除と新年の飾りつけは、樽町町内会や自治体等12の班が輪番で当番をすることになっており、今回は樽町町内会の東地区が担当となり、師走の30日の午前中を使って必要な作業を終え、年明けの初詣に備えました。

  

正月三が日は寒い日もありましたが、おおむね晴れの天気に恵まれ、多くの地元の方々に杉山神社へのお参りをして頂けました。そのためか毎年準備しておりますお守りが今年は初めて完売となり、お守りを入手できない参拝者の方もかなりいたようです。

樽町出身のフレッシュなJリーガー

サッカーJリーグのガンバ大阪に今季加入する山口竜弥さんが、1/7(日)少年時代を過ごした大曾根SCに挨拶に来てくれました。山口選手は、大曾根小学校から樽町中学校、東海大相模高校に進みU18の日本代表候補にも選ばれています。当日は大曾根SCの選手、保護者とOBのみなさんが集まり、山口選手からこれまでのサッカーへの取り組みや今後の抱負を語って頂き、写真やサインをお願いしていました。これからぜひ応援したいと思います。