思いあいのまち樽町のホームページへようこそ!

横浜市港北区樽町地域のホームページです。

新しく樽町に引っ越してこられた方も、地元樽町の方も、だれでも参加できるイベントを紹介しています。

下期の樽町イベント情報、樽町中学校生徒による特集記事、ふくしだより最新号も掲載しました。ぜひご覧ください。


11/23(木)「きららまつり」開催のお知らせ

                               

11月23日(木)ケアプラザ 樽町しょうぶ公園にて、開所15周年記念事業「きららまつり}を開催します。

保健推進委員会では、ウォーキング効果測定会のブースを設け 座位ステッピング、開眼片足立ち、握力測定を行います。

ウォーキングを通して、楽しみながら健康づくりをしませんか?ウォーキングを続けると、体重や体脂肪率の減少、筋肉の増加が期待できます。定期的にウォーキング測定を行い、体の変化を知りましょう。

また、樽町地区保健推進委員会では、豚汁の販売も致します。この他にも様々な催しを行います。皆様のご来場お待ちしております。

11/23(木)「樽町ふれあいのつどい」開催のお知らせ

11月23日(木)樽町しょうぶ公園にて「樽町ふれあいのつどい」を開催いたします。

ステージでは大曽根夢太鼓どどん鼓さんのオープニングから、小学生・中学生に出演頂くなど、楽しいイベントを企画しております。

 

ご家庭で使わなくなったものや、手作りの品などを出店してみませんか?

フリーマーケットの出店者も募集中です。

 

皆様のご参加をお待ちしております。 

 

樽町ふれあいのつどい実行委員会


樽町地域ケアプラザからのお知らせ

11月23日(木)に樽町地域ケアプラザ・樽町しょうぶ公園を会場に地域の皆さまと共に、開所15周年記念事業「キララまつり」を開催いたします。

ケアプラザ館内・入り口では地域の障害者施設による販売コーナー、認知症キッズサポーター講座、遊びの広場など、子ども向けの体験コーナーも企画しております。

樽町しょうぶ公園では樽町地区、綱島地区、大曽根地区、師岡地区のみなさまによる模擬店。保健活動推進委員会さんによるウォーキング効果測定会など。

樽町地区のふれあいの集いも同時開催いたします。

皆さまのご来場をお待ちしております。

 

主催:樽町地域ケアプラザ・キララまつり実行委員会

11/1(水)「ちびたる 交通安全教室」

11月1日に樽町しょうぶ公園にて「ちびたる交通安全教室」が開催されました。

 当日は、好天に恵まれ自転車走行時・歩行時の注意点について学ぶことができました。また、ミニパトカーが好評で、多くの親子が写真撮影をしていました。さらに保育園の交流会で公園に来ていた子ども達が、交流会後に交通安全教室に参加してくれて賑やかな会となりました。

9/16 (土) 樽地区防災拠点訓練

 9月16日(土)に樽町中学校に於いて降雨対応が心配されるなか、平成29年度の防災拠点訓練が総勢404名(中学生徒115名)の参加で行われました。訓練内容は横浜市内で一ヶ所でも震度5強を観測されたら防災拠点を開設しなければなりません。

皆さんの住まいが被害を受けて住むことができない場合は拠点に来て頂きます。それに備えて体育館でダンボールによる、プライバシーを少しでも確保する為の居住スペース作り、避難者が過ごす上で重要なの飲料水の地下タンクよりの汲み上げ、プールより水を引いての下水直結式仮設トイレ設営、備蓄している食料の配給、今回初めての今年度重点目標によるペットの一時飼育場所の設営、DVD観賞による地域防災拠点運営マニアル及び港北区災害時医療救護体制の確認、等の訓練が行われました。                            樽地区防災拠点 運営委員長 池谷慎二 

 下水式直結式仮設トイレ設営訓練

 東日本大震災や熊本地震体験車者の話によると仮設女性トイレを使用するの際の他人の目が嫌なので飲み物等を控えて脱水症状や病気になられる方が多かったとうかがいました。下水口は、5か所ありますので拠点作りではこれ等の事に配慮した設営を心掛けて下さい。

食料配布訓練 

避難者への食糧品等は拠点には限られた量しかありません。皆さんは日頃より三日から五日ぶんの食料品、飲料水を備えて頂き避難する場合に持参すれば『自助』それを他の人に分けてあげれば『共助』になります。日頃かあら各家庭に於いて備蓄を心掛けてください。

 ペット一時飼育設営訓練

 今年度の重点目標として区役所指導のもとにペットの一時飼育所のもうけました。避難所の中ではペットと一緒に生活することは出来ません。

 訓練では短い時間の中でいろいろな事を行う為に少し時間が足りない部分がありました。今後も多方面の意見をいただき充実した訓練にしていきたいとおもいます。(運営委員長)

10/1(日)樽町連合町内会体育祭開催される!

 秋晴れの運動会日和となった10月1日(日)樽町中学校グランドに於いて、第27回樽町連合町内会体育祭が盛大に行われました。今回は新種目として、2019年ラクビーワールドカップがアジアでは初、それも横浜「横浜国際競技場」で開催されます。これにちなんで変な形をしたラクビーボールを使ったボール送りが加えられました。

 圧巻は、やはり運動会の花形リレーですが今年はパークシティが第一位入賞となりました。総合優勝は、樽町中地区、準優勝第二親和会、第3位樽町西地区という結果で、多少アクシデントはありましたが無事に終了することが出来ました。                    第27回運営委員長 本田今朝男 (大倉山自治会)

10/21(土)「にこにこ広場」開催のお知らせ

10月21日(土)に樽町地域ケアプラザにて「にこにこ広場」

を開催いたします。

ままごとあそび、親子でつくろう等、近隣11園の保育士さんと一緒に楽しいひと時を過ごしませんか。

おたのしみの時間では保育士さんと一緒に歌や遊び、ダンス、お話し等で楽しみましょう。

お気軽にご参加ください。

11/11(土)「パパと一緒に遊びましょう」開催のお知らせ

11月11日(土)に北綱島小学校図書室にて、樽町地域ケアプラザ子育て応援事業「パパと一緒に遊びましょう」を開催いたします。

いつもと会場が異なりますが、現役保育士さんによる絵本の読み聞かせ等といったプログラムとなっております。

是非ご家族でご参加ください。

10月10日より(火)よりお申込みを受付ます。

※定員20組です(先着順)

お申込み:樽町地域ケアプラザ 532-2501

9/3(日)ペットボトルロケット打上げ!

今年は心配された台風の影響もほとんどない秋を思わせる晴天の下、ふるさと港北ふれあいまつり主催、港北区青少年指導委員評議会主管の第21回ペットボトルロケット大会が鶴見川樽町公園において、13の地区から参加した小学生と一般参加の小学生とその保護者の方をお迎えして盛大に開催された。また、サッカーの横浜F・マリノスからは、マスコットキャラクターのマリノスケ君が応援に駆けつけてくれ、会場を盛り上げてくれた。

本大会は、ロケットのデザインの良さや色彩等を競うデザイン部門とどれだけ遠くに飛ばしたかを競う飛距離部門とがあり、飛距離部門は、1回目と2回目の打上げで、それぞれ30回のポンピングでより遠くに飛した方を採用して飛距離を競うもので、1位の小学生は87メートルを飛ばした。

8/20(日)防災訓練リーダー研修会行われる!

9/16  樽町中学校で行われる防災訓練準備として8/20  防災リーダー研修会が 70余名の運営委員により、樽町中学校で行われました。前日の雷雨の関係か?真夏としては比較的過ごしやすい陽気でした。

 各班長が自班の やるべきことを運営委員とともに進めました。去年やったことでも、1年経つと記憶が遠くなり、スムースには進みません。「記憶は風化」しますので、是非とも「記録」として残して下さい。発動発電機は、燃料がガソリンでもガスでもカラにしておかないと次回の始動が難しくなるので、終わりころには全部の燃料を止めてエンジンON。最後は、家庭防災委員の方々が腕によりをかけて作った「そうめん」を頂きました。

 いつ来るか判らない地震。震度5強以上の揺れが報じられたら運営委員の皆さまは、まず自分の安全、家族の安全を確認してから

防災拠点の樽町中学校に参集願います。(平成28年度防災拠点運営委員長) 

 

新防災拠点運営委員長より本日のリーダー研修会手順の説明

 

「防災機器の操作、動作、居住スペース、防災倉庫備蓄品、等この研修で良く理解する、と共に今日参加していない皆さんにも伝えて下さい。防災については、自分は長い間、消防活動に携わって来ましたので、その関連事項は判りますがそれ以外の事項のご指導をおねがいします。とのコメントをいただきました。


8/15(火)~18(金) 子供会ラジオ体操

今年の幕開けは夏空とは程遠いどんよりとした雨雲。樽町の子ども会ラジオ体操は、白梅幼稚園を会場にして伝統となっています。

子どもたちが集まってくる朝6時過ぎには交通整理をしてくだる方々、ラジオやスタンプ台などをセッティングしてくださる幼稚園の保護者や師岡小学校の郊外委員の皆様の姿が。ありがとうございます。

 

  いよいよ6時30分、ラジオから明るい「全国のみなさーん‼ おはようございます‼」のあいさつが流れ、『ラジオ体操の歌』が響き渡ります。ちなみに樽町の初日には福岡県からの巡回放送です。16日は熊本県、17日は長崎県大村市、18日には広島県の北広島町からの放送です。8月31日まで続くとのことです。1928年から国民の健康推進のために取り組んできた伝統のある巡回ラジオ体操です。「子ども時代の夏休みイベント」の懐かしい風物詩として心に残っている方々もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

園庭いっぱいに広がり、ラジオ体操第一・首・ラジオ体操第ニと続き、終了するとスタンプ台へ。参加した子どもたちには最終日にお楽しみの参加賞が渡されます。初日は53名、二日目は雨で中止にもかかわらず20名、三日目には56名と最終日は何と87名の元気な樽町っこが参加しました。ラジオ体操で心も体も元気いっぱいになり、それぞれの新しい一日をスタートします。

 樽町の子ども会の行事は、いつも温かな雰囲気といろいろとお世話をしてくださっている方々の笑顔で包まれています。

子どもたちは、「すっきりした。」「目が覚めた。」「気持ちがいい。」「来年も参加したい。」などと感想を述べてくれました。「体操を覚えるためにももう少し長い期間できると良いです。」とのパパの声も聴かれました。また、役員の皆様も「皆さんが頑張ってきてくれるのでうれしいです。」「楽しい様子を見ていると気持ちがいいです。」「これからもこの伝統を引き継いでいきたいです。」と笑顔で話されていました。

   役員の皆様、関係者の皆様、白梅幼稚園の皆様お世話になりました。ありがとうございました。

来年度も開催される予定です。子どもさんだけでなく地域の皆様お誘いあってご参加ください。(渡邊)

Facebookページを準備中です。