思いあいのまち樽町のホームページへようこそ!

横浜市港北区樽町地域のホームページです。

新しく樽町に移ってこられた方も、地元樽町の方も、だれでも参加できるイベントを紹介しています。

★「思いあいのまち樽町」ツイッターを始めました! https://twitter.com/5L1RwLzgRkogv5h

★ 福祉だより最新号は、こちらに掲載しています。

★ 樽町の写真募集中! 樽町で撮影されたものならばテーマは自由です。当ホームページまたは年2回配布の「樽町イベント掲示板」に掲載予定です。こちらのメールに写真をお送り下さい。


樽町なごみ食堂中止のお知らせ

※4月7日(火)中止となりました。

※5月1日(金)中止となりました。

続きを読む

みんなのキッチン中止のお知らせ

日頃三世代交流みんなのキッチンに参加くださって頂いてます皆様!

今般のコロナウイルス問題でやむを得ず中止するに至りました。次回には、皆様の元気な笑顔をお待ちしています。

新元号「令和」の出典で注目を浴びた万葉集にありました詩より

  瓜食めば 子供思ほゆ 栗食めば まして思はゆいずこより 来たりしものぞまなかひに    

  もとなかかりてやすいし寝さぬ。             山上憶良 をお送りします。

2月15日 六年生を送る会

2020215日 樽町 子ども会主催 六年生を送る会

              

 もうすぐ大倉山の観梅会です。

春風と北風が入り混じるような季節の中、高齢の「6年生を送る会」が樽町のボーリング場で開催されました。

 レーンには6年生の皆さんと担当の役員の方々が集合し、開会式やルール等の確認をして始まりました。総勢40名近い人数で、グループをつくり競技がスタートしました。なかなか慣れた手つきと足の運び。ストライクを出すたびにガッツポーズ。レーンを前に映像で自身の運動やボールの握り方、踏み出す足の運び方を確認します。現代のスポーツは運動科学的に分析して競うことを改めて実感しました。

 

 ★インタビューの一言を紹介します。

  ●「中学生になるってどんな気分ですか」と聞いてみたところ、ほとんどの6年生は、笑顔で瞳がきりりと輝き、「楽しみです」と答えてくれました。新しい世界に向かう皆さんを応援したい気持ちになりました。

  ●「中学生になったら部活は何に入りますか」との質問には、吹奏楽部と答えてくれた6年生が多かったです。きっと見学に行ってみた光景や先輩の励ましが届いているようでした。

 

 あっという間に楽しい時間は過ぎましたが、コミュニケーションやボディタ

ッチなどしていました。お互いに成功した時は喜びを、成功しなかった時には

残念な気持ちを相互に通わせたひとときでした。中学生になっても笑顔で晴れ

晴れと進んでいくよう期待しています。

  最後に、お世話してくださった役員の皆様、写真を提供いただきました吉

永様、ありがとうございました。

 

 

区民フォーラムでなごみ食堂が発表

2/12(水)に港北区制80周年記念「ひっとプラン港北」区民フォーラムが菊名のウォータープラザ4階で開催されまいた。

テーマは

「ここにも そこにも あそこにも いろいろな共生みつけた!」

 

語り手の一人としてなごみ食堂代表の奈良隆一さんが参加され、多くの聴衆の前でなごみ食堂の計画段階から現状さらに

今後の課題について発表されました。

 

奈良代表は当初、仲間にはずかしいから来ないでと私たちに話されていましたが、樽地区のひっとプランメンバーや

なごみ食堂のスタッフも聴衆者となりました。

 

進行役には横浜市各区の地域福祉保健計画の策定・推進などに多くの地域に携わっている

聖徳大学 心理・福祉学部教授の豊田宗裕さんが務めて、計5組の語り手の話をまとめて進行され、

都度、聴取より頷き、拍手が起き盛況のうちに閉会しました。

 

内容の概要はパンフレットを参照お願い致します。

 


祝!1周年なごみ食堂

令和2年最初のなごみ食堂2月4日(火)に開催されました。

いつも通り、多くの皆さんの来店を迎えましたが、ボランティアスタッフ分を入れると100食を提供する新記録。

大盛りの提供も半分ほど有り、ご飯待ちが発生しましたが、お腹を空かした子供達も待ってくれました。

この日はシーフードカレーでしたが、いつも以上に「美味しい」の声を頂きました。

 

毎回、区役所の方や社会福祉協会の方も来店し、様子をご覧いただくのですが、今回は樽の多くの子供達が通う

師岡小の校長先生達が見学を兼ねて来店され、学校内とは違う子供たちや地域のボランティアさんの働きをご覧いただきました。

 

なごみ食堂がこの2月でグランドオープン1周年を迎えました。これも関係機関やボランティアスタッフはもちろん

食材を提供いただく方々やフードバンクなど多くの協力があっての物ですが、一番はおいしいと食べに来てくれる、

こどもたちやお母さん、ベテランの大人たちの皆さんのお陰です。

 

これからなごみ食堂をもよろしくお願いいたします。

※今回はおいしく食べてる食事風景は撮影出来ませんでした。(残念)


1/19(土)港北駅伝大会

中学校の部で樽町中学校が大活躍‼

  樽町中学校からは、陸上部と野球部が参加。男子の部では、陸上部のAチームが2位、Bチーム、Cチームもそれぞれ7位、8位にトリプル入賞、女子の部も陸上部のAチームが4位、Bチームが7位にダブル入賞と好成績でした。おめでとうございます。

 

  陸上部の男子1区を走り、見事に区間賞に輝いた鈴木陸斗さんは、「新田中の選手と競いましたが、走りやすかったです。今後の目標は10月の横浜市大会優勝。県大会でも入賞をめざします。」と話してくれました。鈴木さんは4年生から長距離走を始めたそうですが、小学校の時は綱島地区の連合町内会チームで出場がかなわなかったそうです。陸上部の女子3区を走った、吉行歩菜さんは、「1年生には負けられないと思い、精一杯走った。」と話してくれました。小学生から地元のランニングチームで毎週練習してきたそうです。

 

野球部キャプテンの渡邉颯さんは、「1区スタートで真ん中の位置。そこから順位を上げたが、まだ行けたかも。駅伝でチームの団結力をアップして試合につなげ、春の市大会でベスト16、夏の大会でベスト8を狙いたい。」とのこと。樽町中学校の今後の活躍を期待しましょう。

樽町連合町内会チームも健闘の走り!!

 

連合町内会の部には今年も2チームが参加。新横浜公園の小机フィールドとその周辺の920kmで樽町のたすきをつなぎました。

男性(4km小学46年女子(1km)③男性(3km)④40才以上(3km)⑤小学46年男子(1km)

⑥女性(3km)⑦小学13年女子(1km)⑧小学13年男子(1km)⑨女性(3km

 11月から樽町の鶴見川河川敷のコースで練習を続けてきました。結果は、樽町スターズが16位、樽町マリノスが21位。選手のみなさんに感想を聞きました。

 男性の「メンバーが足りないと聞いて2週間前に誘われて初めて参加しました。チームに十分な貢献はできなかったが、機会があればまた頑張りたい。」「去年より早く走れてうれしい。来年はさらに早く走れるように。」「去年より少し遅かったかな。来年はリベンジしたい。」「年齢に負けずに頑張ります!」など。

女性からは、「学生なのに前回よりタイムが落ちてくやしいです。」「去年よりタイムは上がったけれど、順位はあがらず、周りも強くなっている。」「今年もアンカーを何とか走れてよかった。」など。

 小学生は、「気持ちよかったです。爽快!」「最初に勢いをつけすぎてつらくなってしまった。」「去年より早く走ることができて、5人ぐらい抜いたかな。体力をもっとつけてがんばりたい!」「練習よりタイムが遅かったのが残念です。」など。また、樽町スターズ監督の秋山さん(青少年指導員)は、「来年はもっと上位をめざします!」、樽町マリノス監督の角田さん(スポーツ推進委員)は、「練習で子どもたちに負けないように自分もがんばります!」とすでに来年に向かっています。来年こそ港北駅伝に参加したい方は、各自治会・町内会のスポーツ推進委員または青少年指導員までぜひお声がけください。 

12/15(日)子ども会餅つき大会

12月15日(日)白梅幼稚園にて,樽町子ども会の餅つき大会が開催されました。

師走の寒い中での餅つきになるかと心配していましたが,日差しも暖かく感じられる穏やか日和となりました。

朝早くから,子ども会役員の方々やお手伝いさんの皆さんの準備のお陰で,次々にお米も炊き上がり,に移され

捏ねられた後,”ぺったんぺったん”大人のつく杵つき音が聞こえ,つき上がるお餅に子供たちの歓声が響き渡りました。

子供たちの餅つき体験では,ワクワクしながら順番を待ち小さいを手に取ると真剣な面持ちでに向かう姿が頼もしく,

終わった後の”ほっ”とした顔が印象的でした。

皆で,一生懸命つき上げたお餅は,白餅あんこ餅,きな粉餅に丸められセット3個で配られ,お友達や友人たちと和気

あいあい美味しそうに頬張って,師走の一時を満喫している様子がとても微笑ましく,心温まるイベントとなりました。

12/4(水)ちびたる交通安全教室

ちびたる交通安全教室が開催されました。今回で第20回の安全教室となりますので「日吉自動車学校・劇団ルール」をお招きして第20回記念開催としました。当日は22世帯のご家族の皆様と劇団ルール団員のコミカルな演技のやりとりで、楽しく笑いのうちに交通安全を学ぶ事が出来ました。閉会の挨拶で「お母さんがお子さんと手をつないで街で歩きながら教える交通安全が一番ちびっ子が忘れな!」との言葉を深く心に刻んだ安全教室でした。

2019.11.10(日) 樽町移動動物園

秋を代表するような快晴で穏やかな日に樽町菖蒲公園(キーマカレーは隣接の樽町ケアプラザ)で樽町移動動物園が開催されました。大勢の親子連れの方々に来ていただき、動物とのふれあいやゲーム等でいっぱい楽しんでいただけたのではないでしょうか。本イベントは、港北区社会福祉協議会の「港北みんなの助成金」からのご支援と事前準備や当日の作業に携わっていただきました多くの方々のご協力により成し得たものです。

当日は公園内のどのコーナーも多くの親子で長蛇の列を作っており、熱気が立ち込めていましたが、直接、動物と触れ合うことができるポニー乗馬や子供一人づつに1匹のひよこやうさぎをバスケットに入れてもらい自由に触れたりできるコーナーは特に人気があったように感じました。

 

本イベントを通じて地域にお住まいの方々がひとときでも楽しんで頂ける場所と時間を供給でき、また住民の方々同士、住民とイベント関係者同士等いろんな形でつながりが新たに出来、または繋がりがより強くできたなら本イベントは大成功だったと思います。ご参加いただきました皆様、イベントの関係者の皆様、大変お疲れ様でした。

10/27(日) 第28回樽町グランドゴルフ大会

第28回樽町連合町内会のグランドゴルフ大会が行われました。当日は曇天の朝に始まり、午後は晴れてましたが暑くも、

寒くも無くスポーツするにはちょうど良い気候でした。

 

9月、10月と台風15号、19号と続き先日の21号も千葉を始め水害が発生した地域ありましたが、新横浜の遊水地のおかげもあり鶴見川は氾濫することもなく我が樽町は他地域からみると被害が少なかったものの、多くの地域で被害や犠牲者が発生したことを受けて、開会式では全員で黙とうを行いました。

その後、小口連合町内会会長挨拶や競技説明、ラジオ体操を行い開会式を終了、審判員への説明など別途、行い試合開始となりました。

 

大会は各チーム2ランドを行い、ホールインはマイナス3打、ハゾードとラインアウトはプラス一打の合計で打数の少ないチームがから上位を決めます。例年通り、日ごろから練習されているチームが結果的に上位を占めたようです。

 

優勝は第1親和会Bチーム、準優勝は第1親和会Aチーム、3位はパーークラビッツAチームです。

優勝と準優勝チームは来年開催される港北区の大会に出場いたします。

ホールインワンは多数出ているようですが、既定のホールインのホールで出た賞は1名のみでした。

上位7まで商品と2019年にちなみ19位とブービー賞と男女各個人賞が別途、表彰されました。

 

会場の鶴見川樽町公園は本年度、グランドが整備されて、草や凸凹はが無くなり大雨の後も水はけが非常に良いようです。

 

参加した選手皆さん並びに大会を運営されたスポーツ推進委員、青少年指導員の方々本当にお疲れさまでした。