「思いあいのまち樽町」にようこそ!

横浜市港北区樽町地域のホームページです。

新しく樽町に移ってこられた方も、地元樽町の方も、だれでも参加できるイベントを紹介しています。


樽町は、北側に「鶴見川」、南側に「熊野神社市民の森」、真ん中に「新幹線」が通っています。綱島ラジウム温泉発祥の地としても知られ、大正から昭和中期までは温泉と田園が中心でした。高度経済成長期には工場や倉庫が並ぶ工業地帯となりました。

東急東横線の綱島駅と大倉山駅の間にあり通勤や通学に便利なことから、徐々にマンションや戸建ての住宅地に変わり、人口が急激に増加しています。

5/30(日)樽町ペタンク交流会の参加者募集中

昨年同様に、新型コロナ感染症対策の上で、交流会として午前中のみの縮小開催となります。「昨年開催の様子はこちら」

参加ご希望の方は、5/19(水)までに参加申込書にてエントリーをお願いします。(応募24チームを超えた場合は抽選となります。)
<申込書提出先>

①各町内会・自治会のスポーツ推進委員員または青少年指導員

②Email: tarumachi-sports@outlook.jp 樽町スポ―ツ推進委員会長 角田(ツノダ)

 

ダウンロード
R3樽町連合町内会ペタンク交流会申込書(HP用).docx
Microsoft Word 28.3 KB

5/16 師岡小通学路・階段坂の清掃

樽町4丁目に通称「バーべキュー坂」と呼ばれる階段の坂があります。

綱島バーベキューさん(樽町4-9-1)の先から上がるのでそう呼ばれています。

 

現在、師岡小学校の通学路に指定されたいて朝夕は学童が多く行きかっています。

もちろん、樽町と師岡を行き来する様々な方がいらっしゃいます。

 

長年、ご近所の主婦のボランティアグループである「ひまわり会」が交代で毎月、清掃作業をして頂いております。

以前、児童の謝の作文師岡小の校長先生が読み上げ、お礼の訪問が有ったとの事でした。

 

 今回、樽町町内会が実施している「町内一斉清掃」時に階段清掃に樽町中地区の組長さんなど8名が参加しました。

 

階段が熊野神社市民の森」を南北に横切っているので、この階段も市民の森と思われがちですが、

実は「港北土木事務所」が管理している横浜市の公道(道路)です。

 

「熊野神社市民の森」は樽町と師岡にまたがり、こちらは「横浜市環境創造局・北部公園緑地事務所」の管轄です。

樽町4丁目の杉山神社からと樽町1丁目の大倉山自治会東側からも山の中の散策路に入れます。

 


5/7(金)帰ってきた「なごみ食堂」

昨年のコロナの緊急事態宣言以来、数々の行事が中止や延期になり、「なごみ食堂」も例にもれず、中止を余儀なくされました。

創意工夫、感染防止で人数制限等で再開している地域食堂や子ども食堂も有ることはニュースも有り、

「なごみ食堂」はまだの声も多く頂いておりました。

 

ケアプラザや港北区社会協議会等と相談し今回、感染対策、人数制限、2部入れ替え制、お弁当方式、再開しました。

今回は30名弱となりましたが、園児の親子から新一年生の親子、高齢者世帯まで小雨の中、ご参加いただきました。

 

現在も横浜市は蔓延防止措置指定状況で有り、繰り返し増える患者や医療体制のひっ迫等、ワクチン接種も進まない等、

余談は禁物では有りますが、今後共、よろしくお願いいたします。

 


地域のチカラ応援事業・公開提案会に参加しました。

たるまちLINE掲示板の事業「港北区地域のちから応援事業」の令和3年度のチャレンジコースにエントリーし、4月17日に

公開提案会が港北区役所で開催され、小泉連合町内会会長が「ひっとプラン港北樽地区推進委員会」を代表して参加しました。

 

参加にあっては事前に参加者登録の上、消毒、検温の後、会場入りいたしました。

 

当日は各コースから5団体が参加し、懇話会委員や参加者に向け、提案発表しました。

各団体とも、与えられた時間の8分を気にしつつも進行し、聞き手の懇話会委員からも積極的な質問等が有り、

予定時間を少し超えました。

 

今回の樽町の正式な事業名は「コロナ渦でも、スマホ掲示板で地域のネットワーク拡大!」です。

委員の方からいくつかの質問や今後の提案も有り、今後のLINE掲示板の参考にしたいと思います。

 

昨年は各コース合わせえ29団体が今年度は21団体と減少し、各団体共、コロナの影響を受けているようです。

会場には昨年度の活動を紹介した掲示も有り、終了後、熱心に見学する参加もおられました。

 

たるまちLINE掲示板はホームページ上からお友達登録で配信されますので、まだの方はぜひ登録お願いします。


4/13 プレママプレパパ交流会のお知らせ

赤ちゃんが健やかに育つ事を願って以下の次第により「親と子の集いの広場 ひだまり」では新誕生児保育の入門講習を開催しています。 しんまいママ、パパさん!参加お待ちしています。  

3/21樽町なごみ食堂再開のお知らせ

童謡と手遊びの会「ぴよぴよくらぶ」のご案内

お申込みは、3/10(水)~3/20(土)にお電話またはmailでお待ちしています。

(第5号掲載)師岡小学校6年生が地域向け新聞を発行

師岡小学校6年2組による師小通信(樽町版)第5号が発行されました。

「地域への恩返し」をテーマにした6年生各クラスの取り組み、地域のオススメスポットなどの記事を掲載。

卒業までもうすぐですね。

続きを読む

2/15(月)~小学生が地元の写真展をトレッサ横浜で開催

師岡小学校6年5組による樽町・師岡地域の写真展のお知らせです。2/15(月)~2/23(祝)までトレッサ横浜のグルメブリッジで開催されています。ぜひ足を運んでみてください。

感染予防と火の用心&詐欺には注意!

令和3年も早いもので、暦の上では春を迎えました。

 

新型コロナウイルスに関して緊急事態宣言神奈川県を含め3月7日まで10都府県延長されました。

手洗い、消毒、マスク着用、複人数での会食、不要不急の外出自粛など、コロナ対策を継続しましょう!

 

TVニュース等で報じられましたが、横浜日吉新聞によると、

 港北区内では、今年に入り1月7日(木)には新吉田で延焼をともなう火災が起き、21日(木)に下田町、25日(月)は綱島西で短期間のうちに発生し、区内での建物火災(ビル、飲食店なども含む)の件数は、1月25日時点で昨年(2020年)より1件多い5件。

延焼面積も昨年の約45平方メートルを大幅に上回る約302平方メートルとなり、前年と比べて約6.7倍の面積を焼失したことになります。

 樽町も1月に2丁目で共同住宅でボヤ火災が有りました。年末には4丁目でも火災有りました。(いずれも居室内)

 2月1日より区内火災が多発の為、消防団では火災予防の広報活動を通常の活動に加え当面実施しています。

 

 又、刃物を持った不審者が樽町のマンションに侵入、110番で駆け付けた警察官が負傷する事件がニュースなりました。           区内では電話等の特殊詐欺の被害は続いています。

非常事態宣言下で外出機会が減り、自宅で過ごすことが多いと思いますが、火の元の確認と不審な電話、不審者にはお気を付けください。

※火事は119番、不審者や電話でお金を要求する話が出たら対応せず110番!


「ちびたる」よりお知らせ!

2度目の緊急事態宣言に伴い、1月15日(金)開催のちびたるより以下のように受け付け方法を変更いたします。

1 予約   事前予約とする。

2 参加数  親子で20名

3 予約受付 09058231190 

みなさまに於かれましては、新型コロナウイルスの感染拡大防止で生活パターンが変り多大な努力をされていることでしょう。

「ちびたる」も少しでもお手伝い出来れば、と再会いたしましたがさらに人数制限をせざるを得ない事態となりました。

ご理解のうえご協力をお願い致します。微力ながらスタッフ一同、皆様の春が1日も早く来るように努力する所存でおります。    

 

令和2年から3年へ

令和2年はコロナの1年でした。杉山神社でのお祭りを始め、多くのイベントが中止や縮小となり、寂しい1年でした。

毎年、大晦日から正月の三が日に実施している樽町連合町内会が行っている杉山神社でのお神酒サービスも今回は感染防止の為に中止になります。お札等の授与は三が日の午前中のみ神社役員が対応予定です。

 

各神社仏閣は感染防止の為、令和3年初詣は分散参拝を呼びかけ、年内からお札等の授与をしたり、三が日にこだわらず節分までの参拝をお願いしています。師岡熊神社もすでに札・御守・破魔矢・そのほか縁起物などの授与を開始致しています。

 

港北消防署、港北消防団では例年通り、年末年始消防特別警備を実施してます。樽町消防団(第4分団第3班)28日から31日まで夜間特別警備をを交代で行います。

 

新年恒例の箱根駅伝も沿道観戦を控えるようにお願いをコース上のバス停で見つけました。

医療従事者等に感謝しつつ、感染防止で三密を避け、手洗い、うがいマスク着用等をして年末年始をお過ごしましょう。


ちびたるは再開してます!

コロナ過の中ですが皆様のお声にお答えして再開いたしました。コロナ過対策でいろいろな規約施行での再開ですので利用者さんにはご不便なところもございますでしょうがご理解の上にご参加ください。

再開4回目はクリスマス会です。

サンタクロースが来てくれました。

今年は落ち着いた優しいサンタさんで涙目のお子さんもなく プレゼントをもらい、和やかムードのクリスマス会になりました

 

開催に当たっては

入館時の手指消毒、体温計測、アルコールウエットテッシュ、

おもちゃは拭ける物のみ使用、ケアからはボール(大)のみ借りる、遊戯やシアターを見るときは距離をとる、定員20組、

等の規約を設定して居ます。

 

 


「LINE公式アカウント運用講座」開催

12月13日(日)に樽町連合町内会の LINE公式アカウント運用へ向け、各自治会・町内会会長や担当者が「思いあいの町樽町」のホームページ立ち上げに協力頂いたウーマンネットさんの協力で開催されました。

個人が利用しているラインとは別に企業等が利用している「LINE公式アカウント」での運用に向けての全3回の第1回目です。

 

第1回目の今回は概要とサービス等についての説明とアカウント登録、管理者等の選出が主になりました。

日頃からLINEを使っている日もいましたが、公式アカウント運用は初めてなので、質問が飛び交予定時間を過ぎましたが、

次回以降の講座を楽しみにこの日は解散しました。

 

自治会・町内会でのLINEでの運用は横浜市でもコロナ禍で推進している事業との事。今後、正式運用に向けて研修等が続きます。

 


鶴見川流域の水害講座が開催

12月6日(日)樽町地域ケアプラザにて港北区役所、NPO法人鶴見川流域ネットワーキング、樽町連合町内会の共催で

開催されました。

コロナ対策でケアプラザ入口と会場入口で検温、手指消毒し、会場内も人数制限で3密にならないように間隔をあけての参加となりました。また、Zoomで参加された方もいたとの事でした。

 

第2親和会・嶋村会長の司会で区役所担当者の挨拶、樽町連合町内会・小泉会長の挨拶に続き、慶応義塾大学名誉教授でNPO法人鶴見川流域ネットワーキングの代表でもある岸 由二氏による公演が行われました。

 

暴れ川と呼ばれた鶴見川の過去、現在、未来を総合治水対策についてお話頂きました。

 

近年は昨年の台風19号などの災害時は新横浜の鶴見川多目的遊水地に一時的に貯めることにより、氾濫することは有りませんが

150年に一度や1000年に一度の災害時はは対応しきれないとの事。

 

各世帯に配布された港北区の洪水ハザードマップで確認頂くと2階から3階以上の上方避難が必要になるとの事。

 

今回の講演は後日、DVDで各町内に配布されるとの事でした。