横浜市港北区樽町地域のホームページです。

新しく樽町に移ってこられた方も、地元樽町の方も、だれでも参加できるイベントを紹介しています。

「思いあいのまち樽町」にようこそ!


樽町は、北側に「鶴見川」、南側に「熊野神社市民の森」、真ん中に「新幹線」が通っています。綱島ラジウム温泉発祥の地としても知られ、大正から昭和中期までは温泉と田園が中心でした。高度経済成長期には工場や倉庫が並ぶ工業地帯となりました。

東急東横線の綱島駅と大倉山駅の間にあり通勤や通学に便利なことから、徐々にマンションや戸建ての住宅地に変わり、人口が急激に増加しています。

【イベントのお知らせ】

2/15(日)6年生を送る会(1/15〆切) 2/5(日)ZOOM講座(主催者向け)


1/9(祝)港北駅伝「連合町内会の部」8位入賞‼

3年振りの港北駅伝、樽町スターズ9人がバトンをつなぎ合計タイムは01:21'20で「連合町内会の部」8位に入賞しました。

①成人男子→②小 4 ~6女子→③男子(高校生以上)→④40 歳以上(男女問わず)→⑤小 4 ~6年男子→⑥女子(高校生以上)→⑦ 小1~3女子→⑧小1~3年男子→⑨女子(高校生以上)
樽町の選手の皆さん、青体指の皆さん、おつかれさまでした。そしておめでとうございます!


12/18(日)餅つき大会

「樽町子ども会」主催で3年ぶりに開催

 前夜からの雨も上がり冬晴れのこの日、200名程の事前申し込み中、当初は体験してもらう予定が、感染対策で残念ながら子供達は餅つきは見学だけに止め、11時から受付、11時30分からのビンゴ大会景品とお餅の持ち帰りのみとなりました。

 子ども会役員、青少年指導員、スポーツ推進委員やOB等、50名近くのに大人が樽町の小学生の為に早朝の準備から片付けまで

役割を分担して作業されていました。

子供たちも餅つき体験は出来ず、その場で食べることも出来ませんが、笑顔でお餅を持ち帰りました。

 樽町白梅幼稚園には会場や道具の提供、色々お手伝いもして頂きありがとうございました。


12/3(土)防災キャラバン出前講座

【災害時の備え~食と防災~トイレの備えも忘れずに】

 12月3日(土)、「防災キャラバン出前講座」が樽町地域ケアプラザにて開催されました。
 今回は、テレビ番組でもご活躍の今泉マユ子氏(㈱オフィスRM)を講師にお迎えし、管理栄養士として、また防災食アドバイザーとしての視点から【災害時の備え~食と防災~トイレの備えも忘れずに】と題した講座を開催していただきました。
 防災食(レトルト食品・缶詰)の備蓄・管理方法の紹介や、電気ポットを使った簡単な調理の実演をレクチャーいただきました。試食した参加者からは「おいしい」「うちでも試してみたい」といった声が上がりました。また、災害時におけるトイレの重要性も説いていただき、簡易トイレの準備についても肝要であることを認識しました。
 2時間という限られた時間ではありましたが、貴重な情報が盛りだくさんの充実した内容でした。いつ発生してもおかしくない災害。常日頃から備えの意識を持つこと、実際に備えておくこと、それにより災害時に対する行動と結果に差が出るということを考えさせられました。
講師の今泉先生、ありがとうございました。

11/27(日)鶴見川樽町公園クリーン作戦

鶴見川樽町公園管理運営委員会の声かけにより

1127日(日)830分より鶴見川樽町公園の清掃、除草活動を行いました。

この活動は日頃から樽町公園を使用しているチーム関係者が集まり、充実した活動が出来ました。皆さんが気持ちよくグランドを使うことに賛同している証です。

ご参加のみなさんありがとうございます。

                                                                 


11/23(祝) ふるさと港北ふれあい祭り(横浜アリーナ)でポップコーンを販売

11月23日(水)、3年ぶりの「2022ふるさと港北ふれあいまつり」が横浜アリーナで開催されました。

あいにくの雨天にもかかわらず、2万人もの人出で賑わいました。「ヨコアリくんまつり」も同時開催され、一日楽しんでいた人たちが多く見受けられました。

 

地域団体のブース、ゲームすると商品が貰えるブースなどもあり、多くの家族連れの参加がみられました。

 

樽町連合町会ではポップコーンの販売。ノボリを立て「樽町で作られているポップコーン‼️ですよぉ〜」と声を張り上げて呼びかけました。甘ぁ〜い香りが漂っていればもっともっと集客力を高められたでしょうか?

 

来年もまた盛大に「港北ふれあいまつり」開催できますように‼️

 

新横浜新聞の記事もぜひこちらでご覧ください。


11/13  初期消火器具取り扱い技術訓練会

樽町連合町内会選抜チームが参加

11月13日(日)午前10時〜11時

場所 太尾小学校

 

初期消火器具取扱い技術訓練会

(スタンドパイプ消火器具取扱訓練会)が行われました。

樽町連合町内会から代表者4名でチームを編成し参加しました。

参加チームは、区内連合町内会の代表チーム8チームが参加し、それぞれがスタンドパイプ消火器具の扱いを行い消火訓練として放水まで披露しました。樽町町内会代表者チームは、事前に訓練を行い綱島出張所長より指導をもらい万全な体制で参加しました。訓練演技は、チームワークよく参加チームの中でもとても良い動きをしていました。

参加者

                               総監督 嶋村公(樽町第二親和会会長)

                               選手  宮崎徹(大倉山自治会)

                                   清水義寛(大倉山自治会)

                                   高野寛二(樽町第二親和会)

                                   伊藤洋輔(樽町第二親和会)


11/13(日)横浜市樽町地域ケアプラザ            開所20周年記念事業「キララまつり」開催しました!

樽町地域ケアプラザ20周年キララ祭りを令和41113日開催いたしました。

  地域の皆様もたくさん参加してくださり、多くの方でにぎわいました。

  当日は風が強かったのですが、食べ物だけでなく各店舗には列ができていました。

  小さいお子さんから大人まで皆さん夢中になってました。

 みなさまのご来場ありがとうございました。


11/6(日)樽町グランドゴルフ交流会

20チームが参加。優勝は?


秋晴れの好天に恵まれ、都度、消毒するなど感染防止に努めつつ、鶴見川樽町公園で開催されました。

今年39年振りに購入した新しい天幕「樽町連合町内会」の真っ白なテントの快晴の青空。

前・後半で8ホール毎に各チームが廻り、ホールインワンや良いショット、残念ながらもOBが出るたびに歓声が響きました。

 

優勝は「シン・ガーデンコート」準優勝は「パークラビッツ」チームに賞状と賞品が贈呈され、来年開催の港北区大会への優先出場の決まりました。3位には「ユース」チームが商品を受け取りました。

他にベストスコアホールインワン賞ブービー賞の他、参加賞が選手全員に配布されました。

 

準備、運営は樽地区青少年指導員・スポーツ推進委員が行いました。ありがとうございます。


続きを読む

11/3(祝)港北区ペットボトルロケット大会

 11月3日(祝)第25回・港北区ペットボトルロケット大会が開催されました。コロナ禍の影響で3年振りの開催となりましたが、 会場となった鶴見川樽町公園には、樽町地区を含め港北区の13地区から約120名の小学生が集まりました。快晴となったこの日、朝から日差しが強く、秋晴れの空にはペットボトルロケットが映える最高のシチュエーションとなりました。

 開会式では、樽町代表の選手(大曽根小6年生)が、選手宣誓を務めてくれました。
「この大空を彩りながら正々堂々と戦うことを誓います」といった宣誓通り、ロケットの飛行の美しさ、高さ、そして飛距離に多くの歓声が飛び交いました。表彰には2部門あり、飛ばした距離を競う「飛距離部門」と、装飾したロケットを展示し小学生が投票してその獲得票数を競う「デザイン部門」があります。
 そしてこの両部門において、樽町の健闘が光りました。まず飛距離部門で、樽町の選手(大曽根小2年生)90メートル超えの大飛行を見せ、2位に入る偉業! 表彰台に上がり、賞状とメダルが授与されました。更には、入賞となる1位~15位迄に、樽町から4選手が入る大健闘を見せ、同じく表彰を受けました。デザイン部門の発表では、樽町の選手(大曽根小6年生)が、ネコをモチーフにしたデザインのロケットで、1位となる港北区長賞」を受賞しました。飛距離部門、デザイン部門共に、樽町選手の活躍が目立ち、大盛り上がりの大会となりました。

  10月の製作会から今大会まで、ご尽力下さった樽地区青少年指導員の皆様、ありがとうございました。参加した選手の皆様、お疲れ様でした。そして、受賞した選手の皆様、おめでとうございます!


10/16(日)樽町ふれあいフェスタ2022

参加者約500名、一般ボランティアスタッフも支援。



続きを読む

10/9(日)ペットボトルロケット製作講習会

 3年ぶりペットボトルロケット製作講習会を樽町公民館で開催。連合町内会の事前告知のおかげで23人のこども達が参加。
お父さんお母さん青少年指導員、スポーツ推進委員の皆様にお手伝いを頂き、無事ロケット完成!樽町中学校グラウンドで試射を行いました。飛距離は上々!中には飛び過ぎて木に引っかかり、取れないロケットも出るハプニングも発生。
あとは11月3日(木・祝)本大会を待つばかり。当日は補修部品も用意して発射台をしっかり固定し、樽町で上位独占を目指しましょう!(しっかりフォローさせて頂きます。)
                                            樽地区青少年指導員 藤村善明

【大会開催要項】

 第25回 港北区ペットボトルロケット大会

   日時)11月3日(木・祝)9:00~12:00(雨天中止)

   場所)鶴見川樽町公園多目的広場

続きを読む

10/2(日)赤い羽根共同募金活動

樽地区民生・児童委員が大倉山駅で募金活動を実施。

 

 令和4年度のい羽根共同募金」活動が101日(日)から9日(日)が秋晴れの中実施されています。

 東急電鉄沿線の各駅前には、コロナ感染拡大防止を徹底して地区民生委員児童委員協議会の委員も参加しています。コロナ禍以前は、午前9時から一日かけて街頭募金活動が実施されていましたが、令和元年度からは各担当時間を短縮し、23名の少人数で感染予防をして行われています。

 

 この秋も妙蓮寺駅や日吉駅、綱島駅、菊名駅、大倉山駅において実施されています。2日(日)午前10時から11まで、樽地区民生委員児童委員3名が大倉山駅の構内において募金を呼びかけました。

 

大勢の皆様が足を止めて「ご苦労様」の声掛けをしてくださってご協力してくださっているのが印象的です。特に今年度は小学生や中学生、高校生の児童生徒の皆さんがお小遣いの中から募金箱へ入れてくれる姿が多くみられました。

 幼児から高齢者の皆様のそれぞれの「思いやり」が白い募金箱に届けられ、私たち民生委員児童委員も心温まるひと時となりました。

終了後、委員の感想として中々、お子さんを始めこちらを見て気にしてくれるのですが、難しいですね。との声もありました。

 

皆様、ご協力ありがとうございました。

 

※樽町地域ケアプラザでも募金箱を用意しています。(10/4追記)


9/15(木)樽町歩こう会

本年度2回目の「樽町歩こう会」前日の30℃超えの暑さから一転、曇り空でスタート時点の横浜の気温は23℃程と過ごしやすい朝のスタートとなりました。

※事前の案内が「樽町LINE掲示板」のみとなり、又、平日でもありましたが、前回は暑さを敬遠した参加者も含め11名でした。

樽町しょうぶ公園をスタート、池谷家の桃園諏訪神社~長福寺~綱島古墳~綱島公園綱島市民の森飯田家~東照寺などを

廻りました。

 

季節柄、小学生の地域散策?や保育園児の散歩を始め、運動会の練習と思われる所にも遭遇しました。

※次回は11/17(木)の予定です。

 


8/21(日)防災リーダー研修会

 8月21日、樽町中学校において、防災リーダー研修会が開催されました。港北消防署・綱島出張所の所長および港北消防団第四分団第三班(樽町消防団)の協力のもと、樽地区防災拠点組織の一部のメンバー(コロナ感染防止のため人数を制限)が集まり、スタンドパイプ式初期消火器の訓練と、防災倉庫の棚卸を実施しました。

 スタンドパイプ式初期消火器について、「初めて見た」「こんなのあるんだ」といった声が上がり、その存在そのものが認知されていない現状が浮き彫りになりました。そのため今回の訓練は、実際に参加者が消火栓に接続するところから、ホースを伸ばして連結し、放水、止水、ホースの片付けまでを全員が体験し、大変有意義な訓練となりました。
 また、今回体験したメンバーより有志4名がチームを編成し、樽町代表として11月13日(10:00~12:00)に太尾小学校で開催される「港北区初期消火器具訓練会」に出場します。
 このスタンドパイプ式初期消火器は、樽町町内会をはじめ、親和会、琵琶畑、大倉山各自治会も保有しています。いざという時(が来ないことを祈りつつも)その存在を知っているだけで、初動が違ってくるかもしれません。

7/17(日)樽町子ども会「なつまつり」開催

樽町子ども会主催(後援:樽町連合町内会)の「盆踊り大会」が今年は「なつまつり」して3年ぶりに「樽町白梅幼稚園」で開催されました。

7/16(土)が雨天の為、翌日に延期されましたが、前日の雨が嘘のように夏空が戻り無事に実施となりました。

 

久々の開催されるという事で、コロナも再拡大中でどれだけの子ども達が集まるか心配のよう、子ども会役員さん、青少年指導員、スポーツ推進委員の皆さんが準備から運営とご苦労されたと思います。

検温と消毒を実施してからの受付となるため、園の前に行列ができましたが、スタッフが臨機応変に対応されていました。

 

今回はチケット販売方式としたので事前準備の数を400枚用意したとの事でしたが、受付開始から間もなく、完売となりました。

チケットは400円で飲み物、ヨーヨー釣り、スパーボールすくいなどの中から自分で選べるものでした。

いずれのコーナー大行列となり、園内は子供たちの笑顔で溢れました。

 

子ども達のバトン演技や終盤のペットボトルロケットのデモンストレーションも有り、大変、盛り上がりを見せました。

終了時間が過ぎても、終わらない状況も有りましたが、最後はお菓子をもらって皆、帰宅となりました。

 

スタッフの皆さんは暑い中、お疲れ様でした。

又、会場を提供していただいた「樽町白梅幼稚園」様も感謝の限りです。

 


7/3(日)港北消防団第四分団、第八分団第四班 夏季訓練会開催

 猛暑の中、港北消防団第四分団(綱島、樽町、大曾根の各連合町内会地区)と第八分団第四班(同女性団員)による夏季訓練会が綱島東小学校グラウンドにて開催されました。訓練テーマ「基礎訓練から実践へ」を掲げ、鍛錬を重ねた日頃の成果を3年振りに披露する場となりました。

 

 開会式の後、まずは「訓練礼式」から始まりました。指揮者からの号令より、統率された団員の姿勢、行動から団体の厳しい規律が感じられました。次に「大規模地震対応訓練」が実施されました。倒壊した建物に閉じ込められている人や、怪我をしている人などを救助する訓練です。団員の迷いのない素早い行動と連携プレイに頼もしさを感じました。

その後の火災を想定した訓練は今回、女性団員が放水を担当しました。

また、消防団と綱島救助隊と連携した高所からの要救助者の救出訓練も同時に進行していました。

 

 その後、「可搬式小型ポンプ操法訓練」が実施されました。これまた素早くホースを延ばし、連結し、グラウンドでの一斉の放水は圧巻でした。観客の子供達が一番楽しみにしていた場面かもしれません。大きな歓声が上がりました。最後に、今期新しく団員となった新人5名による訓練が披露されました。来賓の方々や先輩団員の見守る中、それは始まりました。ホースを担いで走り、それを広げて連結、放水、消火、そして最後に報告。その一連の動作には訓練で培ったものが表現され、盛大な拍手をもって幕を閉じました。

 

 普段なかなか見ることのない消防団による訓練でしたが、いざという時、それは火災時の消火だけでなく、大規模災害時の救助等、多岐にわたっての活動に日頃から備えている団員の方々には、敬意を表さずにはいられません。

 

港北消防団第四分団並びに第八分団第四班の皆さん、お疲れ様でした。

 

◆樽の消防団員は第四分三班が副団長以下28名と女性団員が所属する第八分団四班に3名(別途、3名加入予定有り)の合計31名が現在、しょうぶ公園横に拠点を置き、積載車と呼ばれる小型ポンプを搭載した車両を1台所有し、第四分団管内(樽町、大曾根、綱島)の火災発生時の出動の他、災害に備えて、訓練、防災指導、広報活動等を実施しています。◆

樽町周辺・子連れお出かけマップを更新しました!

ダウンロード
こちらからダウンロードできます
map_20220623.pdf
PDFファイル 904.2 KB

6/12(日)3年ぶりの樽町合同防災訓練を行いました!

 近年,激甚化・頻発化が指摘されている自然災害から身を守る為には,日頃から災害のリスクを事前に把握する事が大切です。ハザードマップの確認や自宅・学校・勤務先周辺の避難場所を把握すると共に,避難経路を確認しておく事が必要です。

 本防災訓練では,各町内から樽町中学校迄の避難経路体験と避難テント・パーテション非常用給水栓・災害用トイレ・備蓄庫を見学し体験頂く事をメインに密を避けるため,避難者の順次受付⇒順路に沿った見学・体験⇒非常食(おにぎり)受取り後流れ解散のスケジュールでの訓練となりました。

 受付では、参加者が記入した避難カードをiPadで順次登録し、ほぼリアルタイムで避難者情報を見える化する試みも行いました。約260名(内関係者約80名)の方が参加しました。

 合同防災訓練の開催に当たっては,港北区役所,横浜市水道局,港北消防署,港北消防団,横浜市アマチュア無線非常通信協力会港北支部の関係各位様のご協力を賜り感謝申し上げます。

5/20「樽町わかば会」新装オープン

5/20(金)「樽町わかば会」が開催されました。

4月から新体制で再開しました。30年以上の歴史の有るこの会はコロナで2年以上、休止していましたが、民生委員・児童委員チームとボランティアチーム及び従来からのベテラン主婦チームで新たなスタートしました。

 

4月はスタッフは少人数での開催でしたが、久しぶりの再会で会員さんが多く集まりました。

5月は30人以上の会員さんが来店し、民生委員・児童委員14名で調理からは受付他、分担で行いましたが、

慣れないところは、従来の役員さんがお手伝い頂きました。

 

時世柄、動画を見ながらの黙食でしたが、食後はみんなで体操やハーモニカ演奏を聴き、最後は今月が誕生日の会員さんをみんなでお祝い、お花の贈呈で楽しい時間を送りました。

 


4/24(日)樽町連合町内会ペタンク交流会

新型コロナウイルス感染症予防対策の一環として,競技人数・競技時間を短縮し規模を縮小して交流会として開催しました。

基本的な感染予防対策をしつつ,今回に限り競技中は「手袋」を着用し感染予防に努めました。

 

当日は,肌寒さと空模様が怪しい中,参加者及び関係各位の皆さんの真摯な取り組みと熱意で寒さを吹き飛ばし,

競技終了まで雨にも合わずまた,トラブルなく終わることが出来ました。

 

無事終わることが出来たことは,朝早くから準備をして頂き競技進行に尽力頂きました「樽町地区スポーツ推進委員」、

「青少年指導員」及び関係者のご尽力によるものと感謝致します。

 

競技結果は,

一位:サンハイツB,二位:樽町なごみ食堂2,三位:サンハイツA

四位:第三親和会B,五位:青体指となりました。

 

上位三チームは,11/13(日)に開催予定の港北区の大会に優先出場対象チームとなりますので,宜しくお願い致します。


4/5(火)「なごみ食堂」再開しました。

学校や幼稚園は入学式を迎える前ですが、感染対策を徹底し、なごみ食堂は再開しました。

生活が変わるこの時期、新規の方や親子連れの参加も有り、子供たちの笑顔が戻りました。

 

次回は5月10日(火)開催です。