スポーツ推進委員

スポーツ推進委員は、スポーツ基本法並びに横浜市スポーツ推進委員規則に基づいて 横浜市長から委嘱される無報酬の非常勤職員です.樽町には9名のスポーツ推進委員がいます.
活動内容は連合町内会行事を青少年指導員と共同で企画・運営します.また、市区のスポーツイベントのお手伝いします. 

さわやかスポーツ

現在、男性19名、女性19名の計38名で、毎週金曜日のソフトバレーの他、町内会の行事等さまざまなスポーツを通じて交流を深め全力で楽しんでいます。



4/5(金)桜満開の入学式

4/5(金)午前中は大曾根小学校157名、師岡小学校206名、午後は樽町中学校297名の入学式が行われました。今年は天気も晴れ、桜満開のもとでのお祝いとなりました。おめでとうございます! 明日月曜からは、新しい学校への通学が始まります。地域のみなさんもやさしく見守ってくださいね。

続きを読む

平成最後のなごみ食堂

続きを読む

3/9(土)福祉講座「綱島温泉の半世紀」

昨年12月、ある建物の解体と整地に伴い、同じ敷地内に設置されていた「ラヂウム霊泉湧出記念碑」が廃棄の憂き目を見るところでした。居場所を失った記念碑でしたが、樽町第二親和会(嶋村会長)が一旦引き取って預かることとなり、その後、関係者の尽力により、新しい場所への移設が決定。今年2月より、大綱橋近く(樽町側)の国有地に設置されました。

 この「ラヂウム霊泉湧出記念碑」、刻まれているところによると、1933年(昭和8年)に、文字通りラヂウム温泉の湧出を記念して建立されたとのこと。大正から昭和初期そして戦後にかけて繁栄した綱島温泉・旅館街の原点が、この樽町にあったことはあまり知られていないかもしれません。

ところが、そんな歴史を紐解く機会が早速訪れました。先述した廃棄~移設騒動からのご縁で、郷土の歴史等を研究されている横浜開港資料館の吉田律人氏(樽町在住)を講師にお招きし、「綱島温泉の半世紀」と題した福祉講座が樽町地域ケアプラザにて開催されたのです。当日は多くの参加者が訪れ、紹介された資料、歴史ある貴重な写真に感嘆の声が上がりました。その内容は多岐に渡り、東京横浜電鉄(現・東急東横線)の開業から始まり、桃・桜にみる鶴見川流域の旅客誘致策、綱島歓楽街として発展する中での影の部分、そして第二次世界大戦や鶴見川氾濫といった悲哀も織り込まれながら、今日に至るまでの様々な時代背景に引き込まれたのでした。

しかもこの研究は、まだ継続中とのこと。今後も新たな発見を期待しつつ、新しい台座に納まった古(いにしえ)の記念碑に想いを寄せてみてください。 

続きを読む

2/24(日) ちびたる一年生の会 開催      

 

この春小学校1年生になる皆さんおめでとうございます。

入学に向けて期待で胸をふくらませながらも一抹の不安も抱えているのではないかな?そんな不安を少しでも解消して元気な一年生になってもらうお手伝いが出来たらいいな、それには今まで異なる場所でお勉強して来たお友達が入学前に顔見知りになれればよいのでは?と思いたちこの企画をしました。思考錯誤のうちの実施となりましたが当日は、好天に恵まれ40組のお友達に参加して頂き、プランのとうりに終える事ができました。効果の程は定かでありませんがアンケートから概ね良好であったとスタッフ共々喜んでいす。始めての試みで戸惑いもありましたが町会や地域の方々のご支援を頂き実施できました事と心よりお礼申しあげます。子育て支援 「ちびたる代表」 市川智美

当日の様子を写真でご紹介します。 

続きを読む

樽町なごみ食堂好評です。

続きを読む